下部のお問い合わせのアイコン

まずはお電話ください

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30 土日祝日は要相談

法人のお客様は30分無料です。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせのアイコン

まずはお電話ください

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30土曜日は要相談

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームのアイコン
我が国の経済を支える産業の一つ 産業廃棄物 製造委託契約、請負契約、製造物供給契約、継続的取引基本契約、売買基本契約書、工場地の賃貸借契約書の作成・チェック 等

時代の流れとともに少しずつ変化している産業廃棄物

産業廃棄物業界を巡る規制は、今もどんどん厳しくなる傾向にあります。 産業廃棄物処理法の内容は、時代の流れとともに少しずつ変化しているため、法改正も頻繁に行われております。

また、行政処分については、各自治体によって対応が異なる現実があり、ある自治体では許可取消とならない案件が、別の自治体では許可が取り消されてしまうこともありますので注意が必要です。正しく解釈していなければ知らずしらずのうちに違反行為をしてしまう可能性もあるため、企業が積み上げてきた信頼を失うことにもつながってしまいます。

近時は、マニュフェストや委託契約書、委託基準等に関して、故意ではないにしても、コンプライアンスに対する意識の乏しさから、法違反の状態が常態化した結果、許可の取消等の重大な処分に繋がるケースも多々見られます。産業廃棄物処理業者様にとって法律問題は常に意識しなければならない重要な問題だと考えております。

相談事例

  • 1
    事例1

    廃棄物に関する規制が強まっている中で、ご相談者様の事業が、法令に抵触するのか否か、判断の難しい事例について、通達や関係法令を調査した上で、適切な法解釈に則ったアドバイスを行ったことにより、適切に事業を継続することが可能に。

フォレストだから出来ること・強み

  • 強み1
    多数の相談実績がある

    細かな通達等が多数存在している廃棄物処理法について、様々な相談事例を有しており、適切なアドバイスを行うことができます。

  • 強み2
    信頼とノウハウがある

    廃棄物を取扱う顧問先様も多く、新たに廃棄物業界に進出したいお客様に対しても、通常の取引とは異なる廃棄物の取扱いについてアドバイスを行うことができます。

タグから記事を探す

ご覧になりたいタグをお選びください。

知りたいキーワードから記事を探す