電話番号のアイコン

まずはお電話ください。法人の方は30分無料

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30土曜日は要相談

048-762-9966

法人の方は30分無料

お問い合わせ

24時間受付中

運送業のトラブルの相談

運送業トップ画像

インターネット通販の増加により需要が高まり、物流の仕組みは高度化・複雑化しています。その一方で荷主や消費者のニーズにも応える必要性が生じて、長時間労働、残業代の未払いなど、現在の運送業会は労務管理を巡る様々な問題が山積みになっていると考えております。そのリスクを未然に防ぐため、リーガルサービスを利用することは日々の業務に安心感を与えると考えます。雇用契約書や就業規則の規定の見直し、労働時間の管理体制の構築などの予防法務。万が一運送中に交通事故が発生した場合の荷主との運送契約上の問題、事故を起こした従業員の労災等の問題など、起きてしまったトラブルに関しても迅速な対応が可能です。

取り扱い分野

取り扱っている「運送業」のトラブルに関する分野についてのご紹介です。

契約書

  • 契約書作成
  • 契約書のリーガルチェック
  • 寄託契約書のリーガルチェック
  • 運送契約書のリーガルチェック 等

顧客トラブルの対応・予防

  • 運送作業中等の事故対応
  • 運送トラブルの解決
  • 損害賠償請求への対応 等

労働問題

  • 労務関係のトラブル解決、予防
  • 不当解雇や再雇用等の労働問題の対応
  • 残業代請求への対応
  • 事業継承サポート 等
その他のご相談にも柔軟に対応いたします。

よくある相談事例

  • 解雇及び未払い残業代の請求を内容とする団体交渉を申し入れられた。
    不当解雇及び未払い残業代の請求に対しては、弁護士が代理人として解雇の有効性及び未払い残業代請求について妥当な金額に納まるよう弁護いたします。弁護士が交渉にあたった結果、ユニオン側が請求を取り下げたという例もあります。また、このような紛争を予防するためには、労働時間の管理や従業員に対する指導の記録等日頃から準備をすることが重要です。
  • 運送業の運転手が交通事故を起こした。
    この際の損害賠償については、過失割合などが賠償額の算定にあたって問題となり、保険制度や労災制度についての正しい知識が必要となります。弁護士が介入し、示談交渉をすることにより示談金を正当な金額に納まるように対応いたします。は頻繫に見受けられます。労働審判手続では、使用者側の準備期間は限られており、争点を的確に把握し、証拠収集等の必要な準備を迅速に行う必要があります。

フォレストが選ばれる理由

  1. 法人に特化した事務所であるため、解雇等の労働問題につい、使用者側での豊富な経験を生かし、紛争を未然に防ぎ、会社の損害を最小限にとどめることができます。
  2. 運送業を含む、多数の中小企業の顧問弁護士の経験から、多数の取引関係が存在する運送業のビジネスのスピードを低下させることなく、速やかなリーガルアドバイスを行います。
  3. 多数の債権回収経験を有しているため、債権を確実に回収するための方法を速やかにアドバイスし、実行することができます。

解決実績

「運送業」の事件の解決実績を一部ご紹介いたします。

  • 運送業の解決事例1

    運送代金未払いが発生した。未払いのままに債務者が逃走を図る可能性が相当程度あるため、逃走する前に未払金を回収したい。

    早急に判明している預金口座に対して仮差押を行った上で、訴訟提起により、未払金の回収に成功した。

  • 運送業の解決事例2

    会社の労働環境条件に合う就業規則を作成して欲しい。

    ドライバーや内勤など、様々な労働条件で働いている従業員に対応できるように、就業規則を作成。

  • 運送業の解決事例3

    自社の荷物と無関係な荷物を運ぶなど、会社に対する背信的行為を日常的に行っていた従業員を解雇したい。

    解雇無効訴訟を提起された事案で、解雇有効判決を取得。

  • 運送業の解決事例4

    未払いの100万円以上の運送代金が発生。運送代金を請求しているものの、相手が損害賠償請求権との相殺を主張し、全く金銭の支払いをせず、請求日から1年弱が経過してしまった。

    即座に内容証明郵便により請求書を送付。最終的には裁判となりましたが、ほぼ全額に近い債権を回収することに成功。

お問い合わせはこちら

タグから記事を探す

ご覧になりたいタグをお選びください。

知りたいキーワードから記事を探す