下部のお問い合わせのアイコン

まずはお電話ください

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30 土日祝日は要相談

法人のお客様は30分無料です。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせのアイコン

まずはお電話ください

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30土曜日は要相談

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームのアイコン
様々な法的規制が敷かれている 美容エステ 店舗の貸賃借関係、従業員との雇用関係、美容器具等のリース契約関係等

広告表現や、スタッフの労務管理などの法律問題が多い美容エステ

美容業界には、開業の際、広告宣伝の際、経営問題、従業員とのトラブル、クーリングオフ、クレーム対応など、様々なトラブル例が見受けられます。

開業の際に知識が必要な法律は多々あり、衛生法規や、クレジットカードでの取引に係る割賦販売法、消費者と事業者の間で情報の認識に差異が生まれた場合には消費者契約法が適応されます。広告、宣伝の際にも法律に違反していないかは避けて通れない問題です。

景表法、薬機法、特商法、健康増進法など広範囲に及び、各法律については新たな法執行や改正が行われており、薬機法においては広告規制に違反すると、刑事処罰を課されるおそれがあります。どのような表現が広告規制に違反するのかを見極めるには専門的な法律知識が必要不可欠です。

従業員との労使間トラブルに対しても増加傾向にあり、多様な働き方ができる美容業界ならではの見直しが必要です。また、お客様とのトラブルに対しても、「美容」は主観的な価値観が施術の満足・不満足を決定づけるため非常に対応が難しいもので、対応に困ってしまう場面も少なくないかと思われます。どこまで対応すべきかは非常に判断が難しいところですので、大きなトラブルに発展する前に弁護士に相談することが重要です。

フォレストとして「3」の強み

  • 強み1
    多数の中小企業様と顧問契約実績

    多数の中小企業様と顧問契約を締結しており、中小企業が抱える独自の問題や労働問題など多々解決してまいりました。そのため、当事務所では、クライアント様に中小企業に特化したリーガルサービスを提供することができます。

  • 強み2
    ニーズに合わせた迅速かつ柔軟なリーガルサービスの提供

    弊事務所は、中小企業の企業法務に特化しており、取引先との契約書・従業員との雇用契約書の綿密な事前チェックを行っているため、未然に紛争を防ぐことができております。また、クライアント様のニーズに合わせた迅速かつ柔軟なリーガルサービスを提供しております。そのため、多くのクライアント様から「安心した労働環境を作ることが出来ている」とのお声をいただいております。

  • 強み3
    些細な疑問にも迅速かつ柔軟な対応

    弊事務所はCHATWORKを採用しておりますので、日々の職場での問題など些細な疑問にも迅速かつ柔軟な対応をさせていただきます。どんなことでもご相談ください。

タグから記事を探す

ご覧になりたいタグをお選びください。

知りたいキーワードから記事を探す