下部のお問い合わせのアイコン

まずはお電話ください

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30 土日祝日は要相談

法人のお客様は30分無料です。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせのアイコン

まずはお電話ください

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30土曜日は要相談

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームのアイコン
サービス内容が多様 フランチャイズ 予防法務を徹底することで、潜在的コストを削減

契約を締結する際にその内容の検討が重要であるフランチャイズ

フランチャイズ・システムにおいては、フランチャイザーとフランチャジーはそれぞれ独立した事業者であります。したがって、フランチャイジーは、当該フランチャイズ契約に基づいて、事業を行う際の投資リスクや事業リスクを負担することになり、契約を締結する際にその内容の検討が重要であるため、法律的知識が必要になります。フランチャイズ契約を締結する場合には、注意しなければならない点がいくつか存在し、1つの法律の検討だけでは済まないことも多々あるため、様々な混乱を招くことになっています。

たとえば、いわゆる法定開示書面の問題があります。 フランチャイズ契約においては、フランチャイズ契約に精通しているフランチャイザーとそうではないフランチャイジーとの間には、一般的に、情報格差が存在します。

そのため、フランチャイズ契約を締結する場合には、フランチャイザーは、法定開示書面と呼ばれる書面を作成して、フランチャイジーとなろうとする者に対して、その内容を説明し、交付することが求められます。このようなことを履践することは、フランチャイザー及びフランチャイジー両当事者間において、フランチャイズ契約の内容を正確に共有することに資するので、後々の紛争を防止することができます。したがって、とても重要な手続きといえます。

解決事例

  • 1
    事例1

    今後より幅広い事業展開をお望みのフランチャイズ本部事業を営んでいる顧問先様より、契約を結ぶときの注意点のご相談を頂いた際、法定開示書面の問題に目を向け、契約において、フランチャイズ契約に精通しているフランチャイザーとそうではないフランチャイジーとの間に起こる情報格差の存在に着目し、契約書のチェックやビジネス内容を詳細にヒアリングした上、法定開示書面を作成しました。

  • 2
    事例2

    フランチャイズ事業者様の契約書のうち問題のある条項を修正し、適切な契約書をご提供させて頂きました。安心してフランチャイズ事業を営んで頂き、契約に係る問題点のご報告は受けておりません。

フォレストだから出来ること・強み

  • 強み1
    フランチャイズ業界に強い弁護士がいる

    幣事務所では、顧問先企業と日々連携して法務にあたっておりますので、フランチャイズ事業の現場で起きているあらゆる問題にも日々対処させて頂いております。そのため、現場で起こりうる問題に対して事前にケアした契約書を作成することができますので、実践的な予防法務を実現できます。

  • 強み2
    フランチャイズ業界の多様なビジネスモデル

    幣事務所には、上記事例の他にもフランチャイズ事業に関する種々な実績がございますので、それらの実績に基づく最適な法的サービスを提供させて頂きます。

  • 強み3
    信頼とノウハウにつながる豊富な解決実績

    契約を締結する際だけでなく、ロイヤリティの不正申告への対応・未払いのロイヤリティの回収、第三者間のトラブル、加盟金に関する紛争、契約解除時のトラブルなど、起こってしまったトラブルに対しても、深刻化する前に迅速に対処するノウハウを備えています。

タグから記事を探す

ご覧になりたいタグをお選びください。

知りたいキーワードから記事を探す