下部のお問い合わせのアイコン

まずはお電話ください

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30 土日祝日は要相談

法人のお客様は30分無料です。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせのアイコン

まずはお電話ください

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30土曜日は要相談

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームのアイコン
小さなエラーが多大な損害をもたらす 医師・歯科医師 契約書、雇用契約、就業規則、その他マニュアル 等

法的に対応せざるを得ない問題が頻繫に発生している医師・歯科医師

医療機関では、法的に対応せざるを得ない問題が頻繫に発生しています。

病院やクリニックの業務内容、契約書に関しては、従業員との雇用契約、就業規則、各種のマニュアルなど、「医師法」「歯科医師法」に基づいて細かな規定があり、違反すると罰則があります。無用なトラブルを予防し、安心して病院経営を進めていくには、契約書や内部規定といった法律文書の作成及びチェックが必要不可欠です。

医療事故に関しては、医療過誤と認められる場合、病院や医師は被害者に対し慰謝料などの損害賠償をしなければなりません。重大な過失による事故である場合には、業務上過失致死傷罪などの刑事事件になってしまう可能性もあり、有罪となってしまうと、戒告、3年以内の医業停止や医師免許の取り消しなどの行政処分を受ける可能性が高いです。

また、病院やクリニックの宣伝として、ホームページを利用することは近年では当たり前のことになっておりますが、医療機関のホームページは医療法上の「広告」とみなされ、規制対象となります。国による医療関係広告への監視もより厳しくなる傾向にあり、広告規制に対応する必要があります。

その他、患者対応、モンスターペイシェント、事業承継、診療費(治療費)の未払いなど、このような問題を病院が自ら対処するとなると多大な労力を有し、業務に支障をきたす結果となるため、弁護士にいつでも相談できる環境を整えることをお勧めします。

フォレストとして「3」の強み

  • 強み1
    多数の中小企業様と顧問契約実績

    多数の中小企業様と顧問契約を締結しており、中小企業が抱える独自の問題や労働問題など多々解決してまいりました。そのため、弊事務所では、クライアント様に中小企業に特化したリーガルサービスを提供することができます。

  • 強み2
    ニーズに合わせた迅速かつ柔軟なリーガルサービスの提供

    弊事務所は、中小企業の企業法務に特化しており、取引先との契約書・従業員との雇用契約書の綿密な事前チェックを行っているため、未然に紛争を防ぐことができております。また、クライアント様のニーズに合わせた迅速かつ柔軟なリーガルサービスを提供しております。そのため、多くのクライアント様から「安心した労働環境を作ることが出来ている」とのお声をいただいております。

  • 強み3
    些細な疑問にも迅速かつ柔軟な対応

    弊事務所はCHATWORKを採用しておりますので、日々の職場での問題など些細な疑問にも迅速かつ柔軟な対応をさせていただきます。どんなことでもご相談ください。

タグから記事を探す

ご覧になりたいタグをお選びください。

知りたいキーワードから記事を探す