下部のお問い合わせのアイコン

まずはお電話ください

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30 土日祝日は要相談

法人のお客様は30分無料です。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせのアイコン

まずはお電話ください

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30土曜日は要相談

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームのアイコン
専門的な知識を必要とされる 建設・不動産 売買、立ち退き、滞納賃料請求 等

法的分野の中でも専門性の高さが求められる建設・不動産

不動産は資産価値が大きく、また、建物の建築には多額の費用がかかる大きな買い物であることから要求水準が高く、他の契約類型と比較して紛争になりやすい土壌があります。紛争においては宅地建物取引業法、借地借家法、建築基準法や都市計画法,各種条例の規制など様々な法規が絡むだけでなく,専門的な建築知識や,構造計算などの数学的知識も必要とされるため,法的分野の中でも専門性の高さが求められます。

不動産売買については、手付、売買代金の支払、取引終了後等のトラブルは尽きず、昨今では、事業者には重要事項説明に留まらずその他の事項についても説明義務が課されるケースが増えています。また、不動産賃貸では、賃料の増額・減額、賃料滞納、契約解除、建物明け渡し、連帯保証人に対する請求などに加えて、サブリース物件の賃料減額の問題など、新たな法律問題も発生しています。建築、不動産関係の紛争は一歩間違えれば中小企業の維持にも関わりかねない問題であり、長期化を防ぐこと、何より予防に力を入れることが重要です。

フォレストとして「3」の強み

  • 強み1
    多数の中小企業様と顧問契約実績

    多数の中小企業様と顧問契約を締結しており、中小企業が抱える独自の問題や労働問題など多々解決してまいりました。そのため、当事務所では、クライアント様に中小企業に特化したリーガルサービスを提供することができます。

  • 強み2
    ニーズに合わせた迅速かつ柔軟なリーガルサービスの提供

    我が事務所は、中小企業の企業法務に特化しており、取引先との契約書・従業員との雇用契約書の綿密な事前チェックを行っているため、未然に紛争を防ぐことができております。また、クライアント様のニーズに合わせた迅速かつ柔軟なリーガルサービスを提供しております。そのため、多くのクライアント様から「安心した労働環境を作ることが出来ている」とのお声をいただいております。

  • 強み3
    些細な疑問にも迅速かつ柔軟な対応

    当事務所はCHATWORKを採用しておりますので、日々の職場での問題など些細な疑問にも迅速かつ柔軟な対応をさせていただきます。どんなことでもご相談ください。

タグから記事を探す

ご覧になりたいタグをお選びください。

知りたいキーワードから記事を探す