下部のお問い合わせのアイコン

まずはお電話ください

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30 土日祝日は要相談

法人のお客様は30分無料です。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせのアイコン

まずはお電話ください

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30土曜日は要相談

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームのアイコン
年々増加傾向にある ブライダル 結婚式トラブル、音楽著作権、美容師法 等

「結婚式トラブル」に関連する相談が多く寄せられているブライダル

昨今のブライダル業界は、一部の消費者団体や消費者センター等から、キャンセル料水準の妥当性や持ち込み規制の是非等、事業者と消費者との取引のあり方について消費者被害分野に「結婚式トラブル」に関連する相談が多く寄せられています。

また、法令は毎年のように改正され、「音楽著作権」や「美容師法」のようにある日突然新しいテーマが浮かび上がってきます。

そういった事前、事後のトラブルを予防するためには、契約書・規約書チェック、契約書・規約書作成、各種覚書作成など、正しい法律知識に基づいて正確に契約内容を書面に表記することが大切です。幸せな時間を共有する新郎新婦との間に、「不幸」なトラブルが発生しないよう、向法令を遵守し、法令対応状況のチェック、社内体制づくりを構築するのを全面的にサポートいたします。

解決事例

  • 1
    事例1

    施設側を代理して、近隣住民との土地使用問題について、協議を行い、民法に準じた土地使用の原則を示しながら、地域における共存をテーマに、近隣住民の意向も酌んだ解決を行った。

  • 2
    事例2

    施設内でのセクシャルハラスメント案件及び外部パートナーとの間のセクシャルハラスメント案件については、問題解決のみならず、その後も踏まえ、ハラスメント防止宣言等の体制整備を行った。

フォレストだから出来ること・強み

  • 強み1
    ブライダル法務について熟知した弁護士がいる

    ブライダル事業のコンサルティング会社の法務担当を1年間代表弁護士板垣が担当していた経験があるため、実際の経験から来る、施設側法律問題について、熟知しております。

  • 強み2
    労働事件の取扱いが豊富

    近年ブライダル施設において、残業代請求、アルバイトの労働条件の整備、社会保険の資格取得、ハラスメント、偽装派遣等の労働問題が多く発生しております。弊事務所は、労働事件の取扱いが豊富なため、施設側の労働問題について、適切な解決を図ることができます。

  • 強み3
    貴社の方針に沿った契約書・規約書作成

    企業法務の専門家集団ならではの貴社の方針に沿った契約書・規約書作成等を作成し、クライアント様に起こるトラブルを未然に防ぎます。

タグから記事を探す

ご覧になりたいタグをお選びください。

知りたいキーワードから記事を探す