下部のお問い合わせのアイコン

まずはお電話ください

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30 土日祝日は要相談

弊事務所は法人業務に特化した法律事務所となっております。
法人のお客様は30分無料です、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせのアイコン

まずはお電話ください

048-762-9966

受付時間:平日9:00〜17:30土曜日は要相談

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームのアイコン

労働審判を弁護士に依頼するべき理由

労働審判の流れは、短期的なものであり、第1回期日で自己の主張をいかに有利にアピールできるかが重要です。

したがって、第1回期日までの準備が非常に重要となります。

事前準備では、自己の主張が認められるような主張や証拠提出が必要となりますが、そのためには相手方の反論を想定したうえで、論理を組み立てる必要があります。そして、その論理的な組み立てには、「いかなる主張をして、いかなる証拠を提出するか」といった法的知識が必要不可欠となります。

弁護士はあらゆる法律事務を行うことができる法律のプロフェッショナルであり、相手方の反論を想定しつつ、自己に有利な判例・学説等を適切に引用して論理を組み立てることができます。そのため、弁護士に依頼すれば、第1回期日まで抜かりの無い準備が期待されます。

また、審判期日においても、弁護士は相手方との交渉や訴訟などの経験も豊富であるため、依頼者にとって最も有利なパフォーマンスをすることが期待されます。そのため、弁護士を付けない場合と異なり、自己に有利にかつ迅速に審判を進めることができます。

したがって、弁護士に依頼することは、迅速かつ適切な労働審判を行う上で、必要不可欠であるといえます。

タグから記事を探す

ご覧になりたいタグをお選びください。

知りたいキーワードから記事を探す