弁護士に依頼するタイミング

弁護士に依頼を相談するタイミングとして、「企業における問題が顕在化してから」とお考えの経営者様が多くいらっしゃいます。しかし、問題が顕在化してから対応するのでは初動が遅くなり、多くの場合、企業にとって非常に時間、労力、コスト面において負担を強いられることになります。

 

そもそも顧問弁護士を活用する意味として、実際に顕在化した問題を解決するために利用して頂くことも可能ですが、「予防法務」という観点から、日頃より法令に遵守した企業活動を行うために顧問弁護士を活用することも非常に大切です。

 

当事務所では、事件や問題に対する対応を即時行うことはもちろんですが、企業が問題やトラブルを発生させないための組織作りや、機会の提供のアドバイスを行っております。

 

業種や企業規模によっても求められる法務対応は異なります。

また、企業様によっても必要とされる法務サービスは異なるかと思います。

 

当事務所では、業種や企業ごとに合わせた法務サービスを提供し、トラブルが顕在化する前、顕在化した後についても相談を承っております。

まずは当事務所の顧問契約についてお問い合わせください。

 

顧問弁護士のページはこちら

 

お問い合わせ

TEL:048-762-9966

※お電話での受付時間:平日 9:00~18:00

(なお、時間外であっても、いつでも留守番電話でお受けいたします。)

 

MAIL:お問い合わせフォーム

※お問合せフォームでの受付時間:24時間、365日お受けいたします。

 

ご相談の流れはこちら

(法人の客様に限り、初回相談料30分無料で承りますので、ご安心のうえ、お電話下さい。※弁護士費用