美容

業界の状況

美容業界と一言でいっても、ヘアサロン、ヘアメイク、ネイルサロン、エステサロン、美容福祉など、非常に多岐にわたるうえ、その市場自体は2兆円を超えると言われています。

 

当然のことながら、このような業界には、多岐にわたる法律問題が存在します。

とりわけ美容業界は、労務の提供をメインとしたサービスでありますので、この担い手である従業員との雇用関係などにおいては、多くの法律問題が発生しがちであります。

 

昨今では、美容業界のなかでも、組織を法人化するなどして、多店舗経営をされる美容室なども増えてきております。このような組織においては、未だ組織的な労務管理体制が発展途上ということが往々にしてありますので、労務関係の紛争が生じやすいものであります。したがいまして、このような昨今の美容業界関係者におかれましては、特に労働管理や社会保険手続きなどの労務管理についての徹底した仕組みづくりをする必要性がある状況にあります。

 

またこのほかにも、テクノロジーの進歩により、セルフホワイトニング照射をはじめとする新種の美容機器が続々と販売されております。もっとも、美容業界は、お客様のお体に触れることが多いという特質を有します。そのため、消費者の身体の保護などの観点から「医師法」などさまざまな法的規制がしかれております。したがいまして、新規サービスの提供の過程において、その都度、リーガルチェックをする必要があるといえます。

 

提供できるサービス

法律事務所フォレストは、予防法務についてのスペシャリストでありますので、そもそもトラブルが生じない会社経営の設計をさせていただきます。具体的には、実際に事業を営む店舗の賃貸借関係、従業員との雇用関係、美容器具等のリース契約関係等について、クライアント様に有利であり、かつ、最適な条件設定を提案いたします。

 

この有利であり、かつ、最適な条件設定の提案をすることは、美容業界の慣習等を熟知した弁護士でなければできません。

 

法律事務所フォレストでは、美容業界で活躍するクライアントを多数ご支援させていただいておりますので、これらの経験と知見を有する弁護士が、最適なリーガル・サービスを提供することができます。

これに加え、社会保険労務士事務所を併設しておりますので、きめ細やかな労務管理体制の構築をすることができます。

 

解決事例

 

美容系クライアントなどに関する事例

 

お問い合わせ

TEL:048-762-9966

※お電話での受付時間:平日 9:00~18:00

(なお、時間外であっても、いつでも留守番電話でお受けいたします。)

 

MAIL:お問い合わせフォーム

※お問合せフォームでの受付時間:24時間、365日お受けいたします。

 

ご相談の流れはこちら

(法人の客様に限り、初回相談料30分無料で承りますので、ご安心のうえ、お電話下さい。※弁護士費用

タグで検索する