医療・介護機関

<業界の状況> ~小さなクレームが世間全体のクレームへ~

 昨今の日本社会では、ひとたび医療事故等のエラーが生じた場合には、それが小さなものであってもSNS等のコミュニケーションツールを通じて、関係者以外の人々など不特定多数に拡散され、結果として、風評被害等により甚大な損害をもたらしかねません。みなさまにおかれましても、このようなプロセスで、経営難に追い込まれた医療・介護機関等をニュース等の一部メディアでご覧になることも増えてきたのではないでしょうか。

 

 真に不適切な行為にあえて及んだ医療介護機関は別として、大多数の医療介護機関においては、そのようなことはなく、エラーを誤って起こしてしまったり、または、エラーではないにもかかわらずそれに対する対応の遅れや過ちをすることにより、その結果として、誤報の拡散等の風評被害に遭い、上記の社会的制裁を受けてしまうものであります。

 

 このような社会の歪みというべき事態は、高齢者の増加に伴い、ますます重要性が高くなってきている、医療・介護業界の健全な発展のために、すぐに絶つべきであります。そのためにも、各医療・介護機関は、医療・介護業界に強い弁護士とともに、可及的速やかな予防法務の徹底が急がれる状況にあるといえます。

 

<事務所としての強みと提供できるリーガル・サービス>

 「これは何か法的な責任問題になるのではないか。」「この患者さんには、どのような説明をどの程度しなければならないのか。」「このクレームに対しては、すぐに謝った方がいいのだろうか。」などなど、日常の業務や施術などをするにあたっては、このようなちょっとした疑問が生じることがあるのではないでしょうか。

 

 しかし、相談できる弁護士が近くにいなかったり、顧問弁護士がいる医療機関の方であっても、「わざわざ顧問弁護士に電話をするのは、手間だな。」「かえって煩わしくなるのではないかな。」などと億劫になってしまい、相談することなく自分の判断で実行してしまったりすることも少なくないのではないでしょうか。

 

 法律事務所フォレストでは、顧問先のクライアントを対象として、CHATWORKというコミュニケーションツールを利用した無料法律相談を実施しております。

このCHATWORKは、LINE同様、チャットによるコミュニケーションツールでありますので、いつでも、簡単で、お気軽に、ご相談いただけます。

また、インターネットを使用したコミュニケーションツールでありますので、東京・大阪・名古屋に限らず、どちらの医療・介護機関様に対しても、CHATWORKを利用することにより、直ちに対応することができます。

 

 こうすることにより、クライアント様におかれましては、最適なパフォーマンスを実現していただき、結果として、損害を最小限度に抑えることができるのです。そして、クライアント様には、日々の業務にエネルギーを注ぎ込んでいただき、医療・介護分野の健全な発展に寄与するとともに、持続可能な経営を実現していただけます。

タグで検索する