建設業

業界の状況

建設業界は、請負契約を基礎として動いており、下請、孫請け関係が多数存在することが多く、その契約関係が複雑なことが多いといえます。そのため、契約書文化が徹底されていないことも合わさり、代金が支払われなかったり、請負の仕事の内容に行き違いが起きたり、様々な紛争が生じることが往々にしてあります。

 

また、建設業は、人の労務の提供を前提としているため、人材の適切な活用のためアルバイトや人材派遣を頻繁に利用することの多い業種でもあります。派遣される労働者は搾取されがちであったという歴史的背景から、人材派遣においては、労働者を保護するための種々の規制がしかれております。したがいまして、派遣する側のみならず、派遣される側も種々の法律を理解した上で、適切に事業運営する必要があるといえます。

 

加えて、建設業は、危険を伴う作業が多く、事業者は労働者の安全を確保したうえで事業を遂行する必要があります。そのため、同様の趣旨にもとづいて、安全配慮義務をはじめとする様々な規制法律が存在します。

 

そして、「何をどこまですれば安全を配慮できたといえるのか」を含め、その場その場で法律的判断が求められるため、事業者におかれましては、弁護士と顧問契約を結ぶなどして、法的素養の充足が求められるといえます。

 

事務所としての強み

法律事務所フォレストでは、数多くの建設事業者様を顧問先としておりますので、建設業の事業遂行上の法的問題点などについての経験とその蓄積がございます。

 

また、フットワークが軽く活発な弁護士がおりますので、迅速に対応させていただきます。そのため、建設事業者様にとって、スピーディー、かつ最適な予防法務サービスの提供が可能であります。

 

また、建設業関連の訴訟案件も数多くこなしてきた実績がございますので、仮に争いになった場合であっても、最適な解決を提供させていただきます。

 

お問い合わせ

TEL:048-762-9966

※受付時間:平日 9:00~18:00

MAIL:お問い合わせフォーム

ご相談の流れはこちら

タグで検索する