不動産

業界の状況

不動産取引はとくに高額なものが多く、取引においては通常の場合よりも慎重な判断が求められます。とりわけ不動産取引などを事業の目的とされる企業様におかれましては、専門的な知識と経験があることが前提と考えられているため、一般消費者に求められる場合よりも、より一層、高度な慎重さが求められます。このような考えに基づき、法律も設計されておりますので、不動産に関わる取引などが事業内容の一部である企業様におかれましては、これらの法律に関する専門的知見を有していなければなりません。

 昨今、投資媒体としての不動産取引などをはじめとして、不動産事業自体、非常に多様化してきております。したがいまして、これらの多様化に伴い、不動産取引業者様が求められる法的知識も多様化してきております。

もっとも、法律は、その性質上、一般的な場合を規定したものに止まるものであります。したがって、日々多様化する不動産取引について、法律を個別具体的な場合に、常に正しく適用することは、極めて困難な作業と言わざるを得ません。

 そこで、不動産事業者様におかれましては、トラブルを避けるために、弁護士を上手に利用し相談するなどし、適切な事業運営をする必要性が迫られているといえます。

 

事務所としての強みと提供できるサービス

 法律事務所フォレストでは、不動産取引事業を行う企業様を顧問先に抱えております。そのため、売買、立退き、滞納賃料請求など不動産取引にまつわる種々の法的問題について、多くの経験と実績がございます。

また、顧問先企業様には、CHATWORKというチャットによるコミュニケーションツールを利用した無料相談によっても対応させていただいております。したがって、東京・埼玉・大阪・福岡などどこからでも、いつでも、気軽にリーガル・サービスを提供いたします。

タグで検索する