事業承継

みなさん、事業承継についていかがお考えでしょうか。

photo26

世間では、中小企業経営者の高齢化が進む一方で、後継者に対する適切な事業承継が十分になされていないがために、その結果として、株式の相続をはじめとする、さまざまな紛争が生じたり、また、業績の急激な悪化などの事態が生じております。

 

けれども自分のこととなると、日々の経営で頭がいっぱいだったり、「まだあと10年は私が頑張るから大丈夫。」とか、もうじき考えなければと思っている方であっても、「費用もかかるし、また今度にしよう。」「そのうち相談しよう。」などと考えている方も少なくないのではないでしょうか。

どんな元気な経営者であっても、どんなに好調な会社であっても、一人会社などの中小企業の事業活動を継続する限り、必ずいつかは訪れるのが事業承継の問題です。

また、事業承継は、実際に行うときに取り掛かかればよいという性質のものではなく、できる限り早い段階で、適切な準備をしておくことが、必要不可欠なものであります。

というのも、準備が不十分だったり、不適切であった場合には、先に述べたとおり、しっかりとした経営判断ができない未熟な人材を社長にせざるを得なくなり、結果として、業績悪化をもたらしたりしてしまうのです。

また、一口に、事業承継といっても、親族・従業員に承継する方法やM&Aなど数多くの方法がございます。ですので、事業承継の方法を選択する場合も、より社長さんの意向にあった、より事業活動にとって最適な事業承継プランを選択しなければなりません。このようなことは、企業様の事業活動の内容や方針、また社長さんの企業理念などについての真の理解者でなければ非常に難しいことであるといっても過言ではありません。

したがいまして、事業承継の準備に早すぎるということはございませんので、中小企業の経営者の方々におかれましては、なるべく早く、スポット的に弁護士に相談する方法や、まずは顧問契約を結び適切な法的サポートを受けるなどの方法をとられることをお勧めします。

 

事業承継の解決事例

 

円満な事業承継で、親族間の紛争を解決した事例

 

お問い合わせ

TEL:048-762-9966

※お電話での受付時間:平日 9:00~18:00

(なお、時間外であっても、いつでも留守番電話でお受けいたします。)

 

MAIL:お問い合わせフォーム

※お問合せフォームでの受付時間:24時間、365日お受けいたします。

 

ご相談の流れはこちら

(法人の客様に限り、初回相談料30分無料で承りますので、ご安心のうえ、お電話下さい。※弁護士費用