弁護士からのメッセージ

 

「気軽に相談できる顧問弁護士は欲しいけれど。」

私が、中小・ベンチャー企業の経営者の方々から、良くお聞きする言葉です。

 

なぜ、経営者が一人で法律のことも考えなければならないのだろう。

なぜ、税理士の先生はお願いしているのに、弁護士は付けてないのだろう。

なぜ、気軽に相談できない顧問弁護士が存在するのだろう。

 

私自身、弁護士として、色々な疑問や葛藤を抱えながら、

会社が裁判所に行かなくて済む方法を、いつも考えていました。

 

そんな私から、皆様へ一つだけお伝えできることがあります。

その方法とは、

 

『会社に気軽に相談できる弁護士を置くこと』 です。

 

訴訟などのネガティブなことが起きた時だけ弁護士を雇うのではなく、

新規ビジネス展開や安心な職場づくりなどのポジティブなことで

弁護士をどんどん活用してください。

 

少しでも多くの経営者が、「普段使い」の弁護士をそばに置き、

新しいことや面白いことにどんどん挑戦していって欲しいと

私は切に願っています。

 

法律事務所フォレスト

代表弁護士 板垣 雅幸